2016.11.05

能登のあじさい寺、秋はモミジ寺に。

「紅葉の名所は能登にありますか?」。秋になると毎年よく聞かれる質問です。全国的な名所ではないかもしれませんが、珠洲・宝立山や門前・西慶寺は、能登の中でも有数の紅葉スポットとして知られています。今日は富来や宇出津で打ち合わせがあったので、移動をしながら穴水や柳田の紅葉スポットをまわりました。

blog_20161104

能登町柳田にある「平等寺」。能登のあじさい寺として知られ、シーズンになると約4,000株のあじさいが境内に咲き誇ります。加えて、春は桜、秋になると紅葉も楽しむことができ、能登の「花の寺」を代表するお寺であります。

blog_20161104_2

紅葉が見頃になると、お寺の近くの道路には「モミジが見頃」ののぼり旗が立つため、撮影に出かける立場からすると非常にわかりやすく、観光や見物客もきっと誘われることでしょう。

blog_20161104_3

正直、時期的にはまだ早いかなと思いながらも最近の昼夜寒暖差によって、境内のモミジはすっかり色づいていました。

blog_20161104_4

仏像と融合する秋の風景は、能登らしいゆったりとした空間で紅葉を楽しむことができます。

blog_20161104_5

今日はあいにくの曇りではありましたが、また天気の良い日に来たいです。

blog_20161104_6

既にモミジの絨毯になっているところもあったので、興味のある方はお早めに見物に行かれることをオススメします。

blog_20161104_7

急ぎ足での撮影ではありましたが、風情を感じられる能登の紅葉を楽しむことができました。

本サイトに掲載している写真については、当方(ツキノオトクリエーション)に著作権があります。無断で他のサイトや印刷物に使用したりするなど、許可無く転用、流用は禁止しています。

TOPに戻る