2016.11.18

志賀町の秋の風物詩「ころ柿カーテン」。

日中の最高気温が10℃を超えない日も増えてきました。インフルエンザも流行し始めており、注意しなければならない時期となりました。

今日はラブロ恋路での写真展初日ということで、午前は能登町のケーブルテレビの方に取材をしていただきました。来週放送されるようなので、ぜひ見られた方はご感想など聞かせていただけると嬉しいです。

さて、今日は午後から撮影のお仕事で志賀町へ行ってきました。お目当ては、志賀町の代名詞ともなっている「ころ柿」です。

blog_20161118

今回は、ころ柿農家2軒をまわらせていただいたのですが、やはりころ柿の撮影は楽しいですね。

blog_20161118_2

11月の中頃に志賀町をまわっていると、軒下に見えてくる「ころ柿カーテン」。

blog_20161118_3

能登の秋の風物詩である「カーテン」は、風に小さく揺られながら、色鮮やかなオレンジ色を放ちます。

blog_20161118_4

日当りや乾燥状態によって、色を変え、ころ柿一つとっても色々な顔を見せてくれます。

blog_20161118_5

「能登志賀ころ柿」は、地域の農林水産物や食品をブランドとして保護する「地理的表示保護制度(GI)」に登録され、注目度が高っています。

blog_20161118_6

志賀町へ行かれることがありましたら、ぜひ農家さんを訪ねてみてはいかがでしょうか。

blog_20161118_7

心地よく揺られるころ柿が、きっと皆さまを温かく迎え入れてくれますよ。

blog_20161118_8

本サイトに掲載している写真については、当方(ツキノオトクリエーション)に著作権があります。無断で他のサイトや印刷物に使用したりするなど、許可無く転用、流用は禁止しています。

TOPに戻る