2016.12.01

沖縄・八重山諸島をめぐる。

12月に入り、ずいぶん寒くなりました。当方の事務所もとても冷え込んでいます。

そんななか、3日間お休みをいただき沖縄・八重島諸島へ行ってきました。沖縄の島めぐりをしたい気持ちが前々からあり、今年はやっと一歩踏み出すことができました。羽田空港から那覇空港を経由し、南ぬ島石垣空港へ。降り立つと気温はなんと、25度!沖縄はまだ半袖でも大丈夫なくらいです。

blog_20161201

今回は石垣島を拠点に、竹富島、西表島、由布島の4つの諸島をまわるルートにしました。まずは、日本百景でもあり、沖縄の景勝地を代表する川平湾へ。エメラルドグリーンの海と白い砂浜を見たとき、美しすぎて思わず「わぁー」となってしまいました。

blog_20161201_2

川平湾ではグラスボードに乗り、魚や珊瑚礁を見ました。珊瑚礁は台風の影響もあり、今年は一部死滅してしまったようです。それでも沖縄で珊瑚礁を見ることができて良かったです。

blog_20161201_3

次は石垣島に3つある鍾乳洞のうちの1つ、石垣島鍾乳洞へ。中はヒンヤリとしているかと思いきや、生暖かい!

blog_20161201_4

一周するのに約30分の距離で、見事な自然美の芸術を見ることができました。コウモリも住んでいるみたいですよ。

blog_20161201_5

石垣島からフェリーに乗って竹富島へ。島内では、元気な色の花々が咲いており、赤瓦とシーサーがなんとも沖縄特有の雰囲気を醸し出していました。

blog_20161201_6

水牛車が道をゆっくり走っていてとてもゆるやかな時間が流れていました。次は島内で泊まってみたい。。

blog_20161201_7

再びフェリーに乗り西表島へ。西表島といえば、生きた化石とも呼ばれるイリオモテヤマネコ(国の特別天然記念物)。島では希少な動物が生息しているとあって、動物たちが事故に遭わないよう道路に工夫がされていました。

今回私たちは仲間川マングローブクルージングをしました。

blog_20161201_8

次は大自然のなかトレッキングをしてみたい。

blog_20161201_9

さて、次は由布島へ。西表島から由布島へは水牛車で渡ります。

blog_20161201_10

のっしりのっしりと約15分かけて渡ります。一頭の力で、こんな多くの人々を乗せて歩くことができるなんて力持ちすぎます。また、一頭一頭性格が異なっているため、渡り終えるまでの時間も異なるのだそうです。

一番水牛車に興味があったので、実際に見ることができてうれしかったです!

blog_20161201_11

2泊3日の弾丸でしたが、今度はゆっくりまわってみたいです。

blog_20161201_12

八重島諸島はとても魅力的で、また行きたいと思わせる場所でした。

blog_20161201_13

もちろん私たちは毎年行くと心に決めました。(笑)

blog_20161201_14

また、石垣島には約5万人の島民がいることにも驚きましたし、観光地として非常に発展していると感じました。私たちのいる能登も人口現象や過疎化が問題となっていますが、八重島のようにまた行きたいと思わせるような観光地として活路を見い出すにはまだまだやるべきことが多そうです。

最後に、羽田から那覇空港へ向かう間に見ることができた富士山。とても綺麗で感動的でした。

blog_20161201_15

(written by sayako)

本サイトに掲載している写真については、当方(ツキノオトクリエーション)に著作権があります。無断で他のサイトや印刷物に使用したりするなど、許可無く転用、流用は禁止しています。

TOPに戻る