2017.01.08

【海外日誌】ベトナムへ。

年始3連休を利用して、ベトナムとカンボジアへ行ってきました。前半はベトナム・ハノイ旅行からです。

成田からベトナム・ハノイまで約5時間。

着いた途端から圧倒される景色が広がり、日本と異なる風景に衝撃を受けました。。。とにかくバイクが多い!そこらじゅうからクラクションが鳴り響き、排気ガスで空気はどんより。小さな子供も、親と親のあいだに挟まりながらバイクにまたがっていたり、3人乗りや4人乗りは普通の光景なのだとか。信じられません!

blog_20170108_1

blog_20170108_2

blog_20170108_3

まずは、ハノイの名物「水上人形劇」を見に行きました。ベトナム伝統の農業や時代背景を人形を使ってストーリー仕立てで表現していきます。人形師がうしろで水に浸りながら、糸で操りながらコミカルな動きを生み出していて、見ていてとてもおもしろかったです。

blog_20170108_4

二日目は、世界遺産「ハロン湾」へ。ハノイ市街地から片道約4時間。意外に遠かったです。ハノイはベトナムの中で唯一四季があり、冬にあたる今期は寒かったり海が荒れることもあるのだそうですが、当日は晴れて気温も28度ほどありました。現地の人によると、この時期に暖かいのは異例のことだそうです。天気に恵まれ、青空の中、ハロン湾を大きな船でクルーズすることができました。

blog_20170108_5

ハロン湾といえば、ベトナムの20万ドン札に印刷されているディンフォン島。香炉の形に似ていることからこの名が付けられたそうです。島の横ではたくさんの船が止まり、記念撮影をしていました。

blog_20170108_6

宿泊したホテルは旧市街で近くにはハノイの伝説の湖「ホアンキエム湖」があり、夜のライトアップを見てきました。祝日だったこともあり、多くの方で賑わっていました。

blog_20170108_7

blog_20170108_8

バイクと車が入り乱れ、道路を渡るときはとても大変。シクロと呼ばれるベトナム特有の人力車に乗車し、バイクにまみれて街中を回ることができました。量り売りをする人や、店先で椅子に座りながらワイワイとご飯を食べる光景などベトナムの日常を垣間みることができました。

blog_20170108_9

blog_20170108_10

blog_20170108_11

blog_20170108_12

また、ベトナムにはフランス料理店が多くあることから、この日はフランス料理も堪能しました。日本よりもリーズナブルな価格でいただくことができました。ベトナム料理のフォーや春巻きなどはすべて美味しく、ヘルシーで、ベトナム人に太った人はほとんどいないそうです。

全てに圧倒されながら、カンボジア・シェムリアップに向かいます。

本サイトに掲載している写真については、当方(ツキノオトクリエーション)に著作権があります。無断で他のサイトや印刷物に使用したりするなど、許可無く転用、流用は禁止しています。

TOPに戻る