能登上布

#

1891年に創業した石川県羽咋市にある株式会社山崎麻織物工房様は、「能登上布(のとじょうふ)」の織元です。「上布」とは上等な麻織物のことで、今も昔ながらの手織りで織られています。昭和初期には140あった能登上布の織元は、時代の変化と共に減少していき、株式会社山崎麻織物工房様が伝統技術を継承する石川県唯一の織元となりました。伝統の麻織物は、石川県指定無形文化財となっています。
「上布」というと着物のイメージがあるかと思いますが、株式会社山崎麻織物工房様は、現代のファッションに合わせた新商品の開発にも取り組んでおり、独自のブランド「RAMIE EPOCH」を設立し、国内にとどまらず、海外へも販路を拡大しております。
そして今回、RAMIE EPOCHの商品カタログ制作および撮影のお仕事をさせていただきました。海外の方にも手にとっていただくため、英語併記となっています。一人でも多くの方に「能登上布」の素晴らしさを知っていただければと思います。

Client 株式会社山崎麻織物工房
Director ツキノオト
Designer ツキノオト
Photo ツキノオト、提供
URL http://notojofu.com/
Year 2018