石川県の伝統工芸「能登上布」の商品撮影を行いました

#

石川県の伝統工芸と聞くと、皆様は何を思い浮かべますか?

「輪島塗」や「九谷焼」、そして「山中漆器」など色々あると思いますが、「能登上布(のとじょうふ)」もその一つ。中能登一帯に伝わる伝統の麻織物は、石川県指定無形文化財となっています。

昭和初期には140あった能登上布の織元は、時代の変化と共に減少していき、石川県羽咋市にある「株式会社山崎麻織物工房」のみとなりました。「上布」というと着物のイメージがあると思いますが、山崎麻織物工房さんでは現代のファッションにも合わせた新商品の開発にも取り組んでおり、独自のブランド「RAMIE EPOCH」を設立。販路を拡大しております。

そして今回、RAMIE EPOCHの商品カタログ制作および撮影のお仕事をさせていただきました。

撮影機材を工房に持ち込んで撮影は2日間にわたって行いました。たくさんの商品を見ることもできて良かったです。普段使いもできそうなお洒落な商品も多かったので、ぜひ多くの方に知っていただけたらと思います。

以下は今回制作させていただいた商品カタログの一部になります。

名称 株式会社山崎麻織物工房
住所 石川県羽咋市下曽祢町ヲ84
電話番号 0767-26-0240
URL http://notojofu.com/